白髪をウィッグでピンポイントカバーする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる人にはウィッグがお勧めですが、その際、何も頭全体を覆う必要はありません。今では様々なものが発売されていて、ピンポイントでカバーすることができます。例えば頭頂部などはトップピースを使えば、簡単に隠れます。ある会社の製品などは、白髪隠しウィッグのつむじ部分がО字になっていて、そこを中心として円状に植毛されているので、まるで本物のつむじのようです。また、分け目のない髪型なら、違和感を覚えさせません。長すぎず短すぎずちょうどよい毛量なので、頭頂部に少し足すのに非常に便利に作られています。

ウィッグでかんたん変身

ウィッグは色々なものが販売されていますから、どれを使うかで簡単に変身できます。今までとは違う自分を楽しむために、これはとても便利なアイテムです。
まず、団子ウィッグは単に頭の上に載せるだけで、ボリュームのある団子ヘアが完成します。つけ方も簡単で、自毛を上にまとめたのちにコームを挿し、その上からお団子をかぶり、ゴムを引っ張って固定すれば完成という簡単さです。
ストレッチウィッグというものもあります。これは、かぶるだけでアップヘアができるというものです。つけ方は、自毛をまとめ、上下のコームで挟むようにしてかぶり、ゴムで固定すれば完成です。
トップにボリュームを出せるものもあります。アップヘアをアレンジして、トップにボリュームを出します。これも今までのものと同じで、ゴムで固定したのちに櫛で逆毛を立ててボリュームを出せば、簡単に出来上がります。

エクステンションタイプ

かぶるタイプのウィッグとは違う、エクステンションタイプのものもあります。エクステンションとはファッション用語で、簡単に言えばつけ毛のことです。これも、つけることで毛量が増えるわけですから、広い意味で毛量をピンポイントカバーしているといえるでしょう。
まず、ピンで留めるだけでショートヘアからロングヘアーに変身できるものがあります。これは自毛にクリップで留めるだけですので、簡単にロングヘアーになれます。しかも、つけ外しが簡単なので、エクステンションに慣れていない人でも大丈夫です。また、前髪の生え際からつけるハーフタイプのものもあります。これは前髪も利用するので、自毛との境目がわからなくなる優れものです。
ポニーテールにしたい時には、テールウィッグがお勧めです。これはテール型になっていて、長さやボリュームを増やすことができます。この他、前髪につけるものや、シュシュ感覚でつけられるもの、ロープ状のものまで多種多彩にあるのです。これからは、薄毛や白髪で悩むような消極的なものではなく、白髪だからこそウィッグを楽しめる年齢になったと積極的にとらえて、思う存分おしゃれを楽しみましょう。