白髪をウィッグでピンポイントカバーする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪が気になる人にはウィッグがお勧めですが、その際、何も頭全体を覆う必要はありません。今では様々なものが発売されていて、ピンポイントでカバーすることができます。例えば頭頂部などはトップピースを使えば、簡単に隠れます。ある会社の製品などは、白髪隠しウィッグのつむじ部分がО字になっていて、そこを中心として円状に植毛されているので、まるで本物のつむじのようです。また、分け目のない髪型なら、違和感を覚えさせません。長すぎず短すぎずちょうどよい毛量なので、頭頂部に少し足すのに非常に便利に作られています。

ウィッグでかんたん変身

ウィッグは色々なものが販売されていますから、どれを使うかで簡単に変身できます。今までとは違う自分を楽しむために、これはとても便利なアイテムです。
まず、団子ウィッグは単に頭の上に載せるだけで、ボリュームのある団子ヘアが完成します。つけ方も簡単で、自毛を上にまとめたのちにコームを挿し、その上からお団子をかぶり、ゴムを引っ張って固定すれば完成という簡単さです。
ストレッチウィッグというものもあります。これは、かぶるだけでアップヘアができるというものです。つけ方は、自毛をまとめ、上下のコームで挟むようにしてかぶり、ゴムで固定すれば完成です。
トップにボリュームを出せるものもあります。アップヘアをアレンジして、トップにボリュームを出します。これも今までのものと同じで、ゴムで固定したのちに櫛で逆毛を立ててボリュームを出せば、簡単に出来上がります。

エクステンションタイプ

かぶるタイプのウィッグとは違う、エクステンションタイプのものもあります。エクステンションとはファッション用語で、簡単に言えばつけ毛のことです。これも、つけることで毛量が増えるわけですから、広い意味で毛量をピンポイントカバーしているといえるでしょう。
まず、ピンで留めるだけでショートヘアからロングヘアーに変身できるものがあります。これは自毛にクリップで留めるだけですので、簡単にロングヘアーになれます。しかも、つけ外しが簡単なので、エクステンションに慣れていない人でも大丈夫です。また、前髪の生え際からつけるハーフタイプのものもあります。これは前髪も利用するので、自毛との境目がわからなくなる優れものです。
ポニーテールにしたい時には、テールウィッグがお勧めです。これはテール型になっていて、長さやボリュームを増やすことができます。この他、前髪につけるものや、シュシュ感覚でつけられるもの、ロープ状のものまで多種多彩にあるのです。これからは、薄毛や白髪で悩むような消極的なものではなく、白髪だからこそウィッグを楽しめる年齢になったと積極的にとらえて、思う存分おしゃれを楽しみましょう。

白髪染めよりもウィッグが便利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白髪染めは、今ではほとんどの女性がしていますし、そのための染毛剤も多くの会社から出されています。また、美容室でも染めてくれるので、いつでも手軽に自分の好きな髪色にすることができます。
さて、そんな白髪染めですが、気になることが少なからずあります。まずは、白髪染めを続けると白髪が増えるということです。これは必ずしも断定できませんが、カラーリング剤で髪を染めると、そこに活性酸素が生じます。この活性酸素が細胞の老化を促進させるのです。それがしいては白髪を増やす原因になるといわれています。次に、カラーリング剤に含まれている酸化染料は、アレルギーを発症させたり、発がん性があるといわれています。これらのことを考慮すると、あまり染めない方が良いという可能性が出てきます。こうした可能性を避けるためにも、ウィッグはとても有効な手段です。

白髪染めに疲れた人はウィッグを

白髪染めは薬剤の危険性のほかに、それを続ける手間と時間があります。また、やり始めると止められなくなるという問題もあります。なぜならば、やめた途端に根元から白くなり、特に頭頂部などは白髪のせいでどこか薄くなったようにも感じられます。それがまた、印象を悪くしてなおさら老けたように感じ、止めることができなくなるのです。また、市販のカラーリング剤を買ってきて自分でするのなら経済的ですが、その代わり自分の時間が犠牲になります。あるいは美容室でしてもらえば、時間と共に金銭的にも負担となってきます。これらのことから、次第に染めることに疲れてくる人も多いです。
それでは、ウィッグはどうでしょうか。つけた当初は少し違和感があるかもしれませんが、つけているうちにそれを忘れてしまうほど違和感はなくなります。また、頭全体にボリュームが出てきて、とても若々しい印象になります。

ウィッグで若々しく

ウィッグは、白髪染めよりも簡単で、しかも経済的でもあります。染め始めれば永久に染めなくてはならず、毎月使用するカラーリング剤の出費も馬鹿になりません。しかし、ウィッグなら一度買えばもうほとんど一生使えるといっても過言ではないでしょう。あるいは、数種類のものを持てば、色々なシーンで様々なおしゃれを楽しむことができます。今やウィッグはおしゃれの必須アイテムとして定着しつつありますので、たとえつけていたとしても誰も不審に思いません。場合によっては、羨ましがられることさえあります。髪の色や薄さにいつまでも悩むより、ウィッグでおしゃれを楽しもうと思った方が、人生がより一層豊かなものになります。

白髪も薄毛もウィッグで若返り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛は当然老けて見えますが、白髪もまたその印象を年齢よりも高く見せます。人はいつまでも若くありたいと思いますし、また、多くの人がその努力をしています。しかし、生まれつきや遺伝などが関係してなかなか改善しないのが、薄毛であり白髪なのです。そんな悪い印象を一瞬にしてガラリと変えてくれるアイテムがあります。それがウィッグなのです。薄毛であっても白髪であっても、それは動かすことのできない事実です。それならば、それはそれとして認めた上で、気持ちを切り替え、積極的にウィッグで若返りを図るべきなのです。前述しましたように、ウィッグは薄毛隠しの道具ではなく、おしゃれアイテムです。使うものによって、ゴージャスになったり、若返ったり、自由自在になりたい自分になれます。そう考えれば、これほど楽しいものはありません。

人毛と人工毛のウィッグについて

ウィッグには人の毛で作られたものと、人工毛で作られたものの二種類があります。それでは選ぶ際に、どちらを選んだらよいのでしょうか。実は、それぞれにメリットとデメリットがあり、一概には言えないのが現状です。まずはそれぞれにどんな特徴を持つのか、最低限の知識を得ておきましょう。
まず人毛ですが、これは最初に薬剤で消毒をしたのちに染毛を施します。人毛の良さは、人の毛で出来ているために、人毛にあるキューティクルも存在し、自然な艶があることです。そのためにドライヤーも使用でき、カラーリングをすることができます。ただ、難点としては思ったようなクセがつきにくく、スタイリングしても崩れやすいことです。また、一度濡れると乾きにくく、価格的に高くなってしまいます。また、人間の毛は気持ちが悪いと考えて嫌う人もいます。
人工毛は、ファイバーで出来ています。化学繊維なので価格的には安く、若い人でも手に入れやすいのが特徴です。ファイバー製のものの良さは、最初からスタイリングがされていて、崩れにくいという点でしょう。細かなことは気にせずに、すぐにつけることができます。また、湿気にも水にも強く、日光に当たっても退色しづらいのも特徴のひとつです。
これらの特徴を良く知ったうえで、自分の現在の状況にあったものを選びましょう。

選び方

ウィッグの主なタイプとしては、大きく分けると三つあります。一つ目はつむじなどの頭頂部をボリュームアップするものです。トップピースとも呼ばれており、部分的にボリュームアップできます。トップピースは軽いので重さも気にならず、自然に頭頂部をカバーできます。なお、これは地毛に直接つけるので、自分の髪色に近いものを選ぶようにします。
二つ目はハーフウィッグですが、これは現在のイメージを変えずに、全体的に髪をボリュームアップしたい人にお勧めです。これも自毛に直接つけるので、髪色に合ったものを選ぶようにしましょう。
三つ目はフルウィッグで、これはすっぽりと頭を覆う形になります。自毛全体を覆うために、大胆なイメージチェンジをすることができ、おしゃれの幅も広がります。これを選ぶポイントは、自毛ではなく、自分の肌色に合わせるようにします。色白の人は黒やグレーが良いでしょうし、ちょっと赤みがかった人にはセピアなどの赤が少し入った色が似合います。また、オークルと言われる黄色味がかった肌の人は、ブラウンなどのように黄色が入った色が良いでしょう。
また、これ以外にも前髪やテールなどに使用するパーツウィッグと言われるものもありますので、これらを使用することで、おしゃれの幅がぐんと広がりますし、一層若返った印象を与えることができます。

つむじの白髪はウィッグを使おう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つむじは頭のてっぺんにあり、自分ではなかなか見えないものです。そのために鏡を二枚合わせて自分のつむじを見た時に、白髪だったり薄くなっていたりして愕然とすることも多いです。
ところで、つむじとは一体何でしょうか。人間には頭からお尻にかけて軸があり、妊娠初期にその軸を中心として皮膚が回転し、その結果、回転軸がつむじとなったといわれています。つまり、つむじは皮膚ができてくる起点とも考えられます。そして、毛が生えてくる起点でもあります。このつむじを中心にして毛が生えてくるわけですから、つむじの重要性がよくわかります。ですからつむじ周辺の白髪や薄毛が悩みの人は、まずマッサージなどのケアをするとともに、ウィッグでおしゃれを楽しめばよいでしょう。

つむじ周りのヘアケア

つむじ周りが気になる人は、根本的な対策としてまず、生活習慣を見直さなければなりません。まずはバランスのとれた食事をすることです。ビタミン、ミネラル、たんぱく質が髪にとっては必要な栄養素となりますので、それらをきちんと摂取するようにしましょう。次に睡眠不足はよくありません。良質な睡眠をとるように心がけます。また、ストレスを溜めないことも大切です。ストレッチや運動をすることである程度ストレスはなくなります。
過度の飲酒や喫煙も良くありません。特に煙草は百害あって一利なしですから、すぐにやめるべきです。勿論、これらはつむじハゲの一因になっています。また、頭皮環境を良くするために、自分に合ったシャンプーを選びます。そして洗髪とマッサージです。洗髪は最初に10分程度お湯洗いをしましょう。この時に爪を立てないように注意しながら、やさしく頭皮をもみほぐしつつ、皮脂汚れを落としていきます。その後、シャンプーをしますが、シャンプーも濡れた髪で泡立てるようなことはせずに、最初から泡立てたシャンプーで優しく洗うようにします。この時も湯洗いと同様に指の腹を使って頭皮を軽くマッサージします。決してごしごしと洗ってはいけません。その後、シャンプーを良く落とします。石鹸成分が残っていると、それが汚れに繋がりますので、十分に落とすことを心掛けましょう。シャンプーしたら、すぐにドライヤーで乾かします。よく、自然乾燥が良いと誤解している人がいますが、自然乾燥は髪に負担をかけるだけですから、決して良くありません。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージですが、ポイントは四つあります。一つ目は額の筋肉を引き上げることです。これは親指と人差し指を生え際部分から頭をつまむような感じで中心部に向かって引き寄せるようにします。そしてそのまま2秒間静止します。そのようにして頭頂部に向かって四か所ほど行えば、血流が改善します。二番目に行うのが側頭部です。四本指全部を両耳の横に置き、そこから小刻みにマッサージしながら頭頂部へ移動します。この時、指の腹全体を使うようにしましょう。決して爪を立ててはいけません。1か所につき五秒ほどかけ、八回ほど繰り返します。三つ目は頭頂部です。頭の上で両手を組み、親指と小指の付け根部分を頭に押し当てて頭皮を中央に寄せるような感じでもみほぐします。これを五回ほど繰り返します。最後の四つ目は後頭部です。手を握り、第二関節部分を後頭部に押し当てて下から上の方に押しもみをします。1か所につき四回ほどしながら後頭部全体を揉みます。
以上のような頭皮のケアをして頭皮環境を改善すれば、抜け毛や薄毛だけではなく、白髪にも良い影響を及ぼし、それがしいては自信にもつながっていきます。今以上にウィッグでのおしゃれを楽しむことができます。